月光ニュース

福島泰樹第31歌集「大正行進曲」出版記念短歌絶叫コンサート
おのがじし狂い酔いつつ雪に舞う大正元年暮の二十九

「現代短歌」誌上に2年半に亘って毎号30首を書き継いできた連作を再構成した第31歌集が、刊行されました。
 大正の光と闇を跋渉する男たち女たちが、大逆事件発生から108年を経た現在を逆照射する「うたで描くエポック 大正行進曲」。
 本年納めのコンサートは、この刊行を記念しての開催です。
 更なる飛躍に向けて、皆さんと共に大いに盛り上がり、新しい歳への力としたいと思います。
 どうぞ御参集くださいますようお願い申し上げます。
 
出演
 福島泰樹(短歌絶叫)
 永畑雅人(ピアノ)
   

吉祥寺 曼荼羅
〒180-0003 武蔵野市吉祥寺南町1-5-2
 ☎0422-47-6782 
 開場 19時 
 開演 19時30分
 ¥3000+1ドリンク 学生 ¥2000+1ドリンク(要学生証)

 お問い合わせは月光の会info@gekkonokai.netまで。

| - | - | - | posted by gekkonokai - -
間村俊一装幀展 「ボヴァリー夫人の庭」 Le jardin de Madame Bovary
間村俊一装幀展
「ボヴァリー夫人の庭」 Le jardin de Madame Bovary
 『彼方の本 間村俊一の仕事』(筑摩書房)刊行記念

 福島泰樹の著作の装幀を始め、「季刊月光」のブックデザインなど、月光の会とは御縁の深い間村俊一氏が「彼方の本 間村俊一の仕事」を上梓されました。
30年間に手掛けた装幀の中から厳選した約300点の書影をカラー写真で収録し、ほかに創作論、間奏句集「ボヴァリー夫人の庭」55句を収録した豪華版です。
 刊行を記念して開催される装幀展を御案内致します。
期間中開催されるトークイヴェントには、福島泰樹も出演致します。

2018年11月2日(金)〜11日(日)
 午後2:00〜8:00
於・そら塾
 東京都台東区根岸3-13-25
 Tel 090-5525-4428 お問い合わせ noirmam@sepia.ocn.ne.jp
 JR山手線鶯谷駅南口より徒歩5分
 東京メトロ日比谷線入谷駅より徒歩5分
 都バス上26系統(上野公園〜亀戸駅前)下谷2丁目バス停より徒歩3分
 台東区循環バス北めぐりん根岸3丁目バス停より徒歩1分
   ※そら塾は築百年ほどの古い長屋の一角で手を加えていない、画廊とは違った空間です。驚くほど下町が残っている只中にあります。
 
【記念イヴェント】(各会+間村俊一 三つ巴バトルトーク)
「あゝ浅草、あゝ浪曲、あゝ装幀」
 福島泰樹(歌人)×玉川奈々福(浪曲師)
 11月5日(月)午後7:00より 2000円(ワンドリンク付)
「ポテトサラダとカツサンド」
平松洋子(エッセイスト)×堀江敏幸(小説家)
11月6日(火)午後7:00より 2000円(ワンドリンク付)
「俳句と装幀の狭間で」
 高橋睦郎(詩人)×小澤實(俳人)
 11月7日(水)午後5:00より 2000円(ワンドリンク付)
「蝶類図鑑あるいは5番電車に飛び乗って」
 佐々木幹郎(詩人)×平田俊子(詩人)
 11月9日(金)午後7:00より 2000円(ワンドリンク付)

 
   筑摩書房刊 定価4700円+税 
 


| - | - | - | posted by gekkonokai - -
福島泰樹最新歌集『うたで描くエポック 大正行進曲』
福島泰樹最新歌集
『うたで描くエポック 大正行進曲」』

どこを刺しても滲み出る血は大杉の臭いしかないアナーキストの

 「現代短歌」誌上に2年半に亘って毎号30首を書き継いできた連作を再構成した第31歌集が、近日刊行されます。
 大正の光と闇を跋渉する男たち女たちが、大逆事件発生から108年を経た現在を逆照射する「うたで描くエポック 大正行進曲」。
 現在予約受付中です。
 添付のチラシを御参照の上、お申込みください。
 
 10月末刊行予定
 A5版上製
 装丁 間村俊一
 定価 本体2500円+税
 予約特価 2000円(送料負担・上梓後1週間程度で発送)
 予約申し込み先 現代短歌社 
          Fax 03-6903-1401
          info@gendaitankasha.com

 
| - | - | - | posted by gekkonokai - -
月例短歌絶叫コンサート/2018年9月10日(月)
 何となく顔がさもしき邦人の首府の大空を秋の風吹く
 つね日頃好みて言ひし革命の語をつゝしみて秋に入れりけり
 今思へばげに彼もまた秋水の一味なりしと知るふしもあり
 秋の風我等明治の青ねんの危機をかなしむ顔撫でゝ吹く
 時代閉塞の現状を奈何にせむ秋に入りてことに斯く思ふなか
 地図の上朝鮮国にくろぐろと墨をぬりつゝ秋風を聴く
 明治四十三年の秋わが心ことに真面目になりて悲しも
  石川啄木「九月の夜の不平」抄(「創作」明治四十三年十月短歌号所収)

 明治43年という危機へと雪崩れてゆく時代に、石川啄木は死病に蝕まれながら異議を表明しました。
 敗戦後73回目の秋、幸徳秋水、菅野すが子、大石誠之助、内山愚童ら12人が首を縊られた大逆事件発生以後108年の秋、時代の颶風が大きな螺旋を描いて吹き荒れる秋。
 時空を跋渉し、歴史の暗部に肉迫する「短歌絶叫コンサート」に御参集ください。
 御来場をお待ち申し上げます。

出演
 福島泰樹(短歌絶叫)
 永畑雅人(ピアノ)

吉祥寺 曼荼羅
〒180-0003 武蔵野市吉祥寺南町1-5-2
 ☎0422-47-6782 
 開場 19時 
 開演 19時30分
 ¥3000+1ドリンク 学生 ¥2000+1ドリンク(要学生証)

 お問い合わせは月光の会info@gekkonokai.netまで。

| - | - | - | posted by gekkonokai - -
月例短歌絶叫コンサート/8月10日(金) 「死者へ!」
 昨7月、オウム事件確定死刑囚13人が処刑された。これは、軍事法廷による二・二六事件15人同時処刑を除けば、大逆事件の12人を上回る、憲政史上未曾有の大処刑といわなければなせない。しかも、13人中の10人は、再審請求中であった。わが国は、大日本帝国憲法が猛威を振るった戦前に一気に逆戻りしたとしか思えない。
 敗戦後73回目の、ヒロシマ、ナガサキ死者の8月。改めて、幸徳秋水、菅野すが子、大石誠之助、内山愚童ら12人が首を縊られた大逆事件発生(明治43年)以後108年の歴史の暗部に肉迫する「短歌絶叫コンサート」を開催いたします。
 大逆事件以後の冬の時代を生きた大杉栄、和田久太郎、永浜哲、村木源次郎らアナーキスト。北原白秋、萩原朔太郎、辻潤ら文人、村山槐多、田中恭吉、関根正二ら夭折した画人が大正という時代を溌剌と闊歩します。
 そして、改めて死刑制度を糾弾しつつ昨夏、42年にわたる獄中生活を終えた元東アジア反日武装戦線「狼」兵士・大道寺将司を、その全句集『棺一基』絶叫をもって追悼したい。
 再審請求を棄却された元ボクサー冤罪確定死刑囚袴田巌が、実に46年に及ぶ獄中生活の中で真実を訴えた詩をお聴き下さい。
 長々と書き記しました。猛炎暑に続く時候不順のおり、御自愛下さいますようお祈り申し上げます。直前の御案内となってしまいました。
 下記、御来場をお待ち申し上げます。           福島泰樹

出演
 福島泰樹(短歌絶叫)
 永畑雅人(ピアノ)

吉祥寺 曼荼羅
〒180-0003 武蔵野市吉祥寺南町1-5-2
 ☎0422-47-6782 
 開場 19時 
 開演 19時30分
 ¥3000+1ドリンク 学生 ¥2000+1ドリンク(要学生証)

 お問い合わせは月光の会info@gekkonokai.netまで。
| - | - | - | posted by gekkonokai - -
寺山修司没後35年追悼短歌絶叫コンサート 「望郷」
  今年も、寺山修司追悼コンサート「望郷」の季節がやってまいりました。
  没後35年にあたる本年、松平修文に献じた「Rera、風」など、あまたの新曲を用意しております。
  修文もまた北方の「田園」を背景にした歌集『水村』をもってデビューを飾りました。
  御来場をお待ち申し上げます。
                                   福島泰樹

2018年6月10日(日)
 開場14:00 開演14:30
 開場19:00 開演19:30
    
出演
 福島泰樹(短歌絶叫)
 永畑雅人(ピアノ・ピアニカ)
 石塚俊明(ドラム・パーカッション)

料金
  ¥3000+1ドリンク 学生 ¥2000+1ドリンク(要学生証)
 
吉祥寺 曼荼羅
〒180-0003 武蔵野市吉祥寺南町1-5-2
 ☎0422-47-6782 

 お問い合わせ・御予約は月光の会まで
info@gekkonokai.net

| - | - | - | posted by gekkonokai - -
月光ニュース 急告! 清水昶追悼福島泰樹短歌絶叫コンサート 「野の船忌」
清水昶追悼福島泰樹短歌絶叫コンサート
「野の船忌」
2018年5月30日(水)  

 清水昶死して7年。
 晩年の詩人が日参したという馴染みの蕎麦処で、盟友福島泰樹が無念の魂を慰め絶叫します。
是非ともお立合いくださいますよう、お願い申し上げます。
 コンサート終演後、清水昶を偲んで懇談の席を設けます。
 御都合のよろしい方は、併せて御参加くださいますようお願い申し上げます。

出演
 福島泰樹(短歌絶叫)
 永畑雅人(ピアノ)

吉祥寺 中清(蕎麦処)
〒180-0003 武蔵野市吉祥寺本町4-4-15
 ☎0422-21-2891 
 開場 17時30分 
 開演 18時
 ¥3000(+1ドリンク+つまみ付き)

 お問い合わせは月光の会info@gekkonokai.netまで。

| - | - | - | posted by gekkonokai - -
小河内仁美朗読会
 樋口一葉作「わかれ道」
 中原中也 詩篇

 NHKカルチャー青山教室での福島泰樹朗読講座から生まれた朗読者、小河内仁美の朗読会も回を重ね第四回を迎えました。
 江戸小唄で知られる名妓市丸姐さんの旧宅を改装した、窓外に隅田川の夕景を望む会場で、近代文学の世界に浸るひと時をお過ごしください。
 御来場をお待ち申し上げます。

 日時 2018年5月19日(土)
 開演 ●16:00  
●19:00 
各回とも30分前より開場します。
 会場 ルーサイトギャラリー
     台東区柳橋1-28-8
     03-5833-0936
     http://lucite-gallery.com/top.html
      浅草橋駅(JR東口 都営浅草線A6出口)徒歩5分
 料金 1.000円(前売り券あり)

| - | - | - | posted by gekkonokai - -
福島泰樹新講座「寺山修司―啄木を追った男」
 故郷渋民村を追われ、極貧のうちに若い命を散らした悲運の天才児・啄木にとって、短歌は所詮「悲しき玩具」に過ぎなかった。その天才児に憧れ「啄木になりたかった」少年・寺山修司は、短歌をもって輝かしいデビューを果たし、その一人称詩形短歌で得た方法(「私
性の拡散と回収)をもって、俳句、短歌、詩、小説、放送、演劇、映画とあらゆるジャンルを席捲した。
 ともに東北出身の歌人として知られる石川啄木と寺山修司。こころの原郷である東北を軸に、寺山と交流のあった歌人福島泰樹がその詩魂を読み解きます。

会場 NHK文化センター 横浜ランドマーク教室
5月11日(金)開講(9月まで)
 毎月1回金曜日・全5回 15:30〜17:00 
受講料 
15,768円(NHKカルチャー会員)
19,116円(一般・入会不要)
講義予定
〇山修司と石川啄木
    異境・東京 その生涯と夢
異境としての東北
   寺山修司歌集「空には本」と石川啄木詩集「あこがれ」
A悪と望景としての東北
    寺山修司歌集「田園に死す」と石川啄木歌集「一握の砂」
と鷓澆硫搬蛾、瀕死の家族譚
    寺山修司未刊歌集「月蝕書簡」と石川啄木歌集「悲しき玩具」
タ誉減埜紊了
   寺山修司「懐かしのわが家」と石川啄木「飛行機」

 お問い合わせ、お申込みはNHKカルチャー横浜ランドマーク教室まで。
 ☎ 045-224-1110



続きを読む >>
| - | - | - | posted by gekkonokai - -
福島泰樹朗読講座「福島泰樹の朗読世界―宮沢賢治」
 宮沢賢治没後八十五年を迎える本年、肉声の回復を求めて短歌絶叫コンサートという新たなジャンルを創設、数々の賢治作品をステージで披露してきた福島泰樹が、賢治文学の精髄とも言える童話を中心に朗読を指導します。
 声に出してみることで初めて気づき、理解できる世界があることを、体験してみてはいかがでしょうか。

 会場 NHK文化センター青山教室
4月13日開講(9月まで)
 原則として第2・4金曜日 19:00〜21:00
 受講料 40,435円(6ヶ月・12回分)
ちくま文庫版「宮沢賢治全集・五」をテキストとしてご用意ください。
 途中からの受講、見学や体験受講も可能です。
お問い合わせ、お申込みはNHK文化センター青山教室まで。
  ☎ 03-3475-1151
  

御不明な点等御座いましたら、月光の会info@gekkonokai.netまでお問い合わせください。

| - | - | - | posted by gekkonokai - -
| 1/28 | >>