月光ニュース

月例短歌絶叫コンサート「蟬王健次の歌」 8月10日(土)
「蝉王健次の歌」

 新宿の三光町の暗がりに哭いているのは中上健次
 木や草や風に成るのか フォークリフトから手を振る若き中上が見ゆ
 君死なば竹原秋幸も死ぬなるかわが枯木灘、闇の岬よ
 この俺の五臓六腑を歌わんよ常民の文学ならば過激たるべし

 演奏がはじまった途端、蝉が一斉に鳴きだしたのだ。広大な森中の蝉が蝉王健次への悲歌を奏でているのか。そういえば君の出世作「枯木灘」の主調音は八月の熊野に降る蝉時雨であった。
(福島泰樹「熊野紀行」歌集「愛しき山河よ」所収)

 1992年8月12日逝去された中上健次を招魂します。
 皆様の御来場をお待ち申し上げます。
 
出演
 福島泰樹(短歌絶叫)
 永畑雅人(ピアノ)
石塚俊明(ドラム・パーカッション)
 
吉祥寺 曼荼羅
〒180-0003 武蔵野市吉祥寺南町1-5-2
 ☎0422-47-6782 
 開場 19時 
 開演 19時30分
 ¥3000+1ドリンク 学生 ¥2000+1ドリンク(要学生証)
 お問い合わせは月光の会まで info@gekkonokai.net

| - | - | - | posted by gekkonokai - -
JYUNKトークセッション「被爆体験を聞く」2019年8月4日(日)
戦後74年 広島原爆の日を前に…
被爆体験を聞く

短歌集「生きる」(幻冬舎ルネッサンス新社刊)刊行記念トークセッション

級友の半ば失ない生き残る 被爆者我の生き様は何

74年前の8月6日、爆心地から1.8キロの自宅で被爆した田中祐子(たなか・さちこ)さんを広島から招き、自身も東京大空襲の業火の中を祖母に背負われ逃げ惑った体験をもつ福島泰樹とのトークショーが開催されます。
 妻として、母として、パーキンソン病患者として、そして被爆者として・・・
 詠まれた短歌を通して、田中さんの壮絶な被爆体験や平和への願いを伺います。

【出演】田中祐子(広島原爆体験者・歌人)
    福島泰樹
【日時】2019年8月4日(日)19:00〜
    開場 18:30
【会場】ジュンク堂書店池袋本店 4階喫茶コーナー
    東京都豊島区南池袋2-15-5
    TEL.03-5956-6111 FAX.03-5956-6100
    https://honto.jp/store/news/detail_041000034739.html?shgcd=HB300
【入場料】1.000円(1ドリンク付)
【定員】40名
【受付】事前予約が必要です。 
1階サービスコーナー若しくは電話にて御予約承ります。(電話:03-5956-6111)
御予約をキャンセルされる場合、御連絡をお願い致します。(電話:03-5956-6111) 
| - | - | - | posted by gekkonokai - -
月例短歌絶叫コンサート「六月の雨」6月10日(月)
樺美智子よ、岸上大作よ、美空ひばりよ、黒田和美よ!
「六月の雨」

六月の雨はせつなく翠なす樺美智子の名は知らねども
旗棹はおもく雨吸い六月の 岸上大作首垂れて佇つ
下駄履きでブギを踊れば焼跡の夏草麦の穂のごとく揺れ
ガツン詩歌を叩き続けよ冥界で会うとき俺に寄り添ってくれ
 
60年安保の渦中に斃れていった樺美智子に。
その歳晩、恋と革命に敗れ自裁した岸上大作に。
 昭和の終わりを見届けたかのように、孤児としてその人生の幕を閉じた美空ひばりに。
 そして歌集「六月挽歌」を残して、この世を去った黒田和美に。
 福島泰樹が降らしめる哀悼の慈雨に打たれよ!
皆様の御来場をお待ち申し上げます。
 
出演
 福島泰樹(短歌絶叫)
 永畑雅人(ピアノ)
 
吉祥寺 曼荼羅
〒180-0003 武蔵野市吉祥寺南町1-5-2
 ☎0422-47-6782 
 開場 19時 
 開演 19時30分
 ¥3000+1ドリンク 学生 ¥2000+1ドリンク(要学生証)
 お問い合わせは月光の会まで info@gekkonokai.net

| - | - | - | posted by gekkonokai - -
寺山修司37回忌追悼 短歌絶叫コンサート「望郷」2019年5月10日(金)
さようなら寺山修司かもめ飛ぶ夏 流木の漂う海よ

昭和十年十二月十日に
ぼくは不完全な死体として生まれ
何十年かかゝって
完全な死体となるのである
そのときが来たら
ぼくは思いあたるだろう
青森市浦町字橋本の
小さな陽あたりのいゝ家の庭で
外に向って育ちすぎた桜の木が
内部から成長をはじめるときが来たことを (寺山修司「懐かしのわが家」より)

 今年もまた、悲しみの五月。
 皆様の御来場をお待ち申し上げます。
 
出演
 福島泰樹(短歌絶叫)
 永畑雅人(ピアノ)
 
吉祥寺 曼荼羅
〒180-0003 武蔵野市吉祥寺南町1-5-2
 ☎0422-47-6782 
 開場 19時 
 開演 19時30分
 ¥3000+1ドリンク 学生 ¥2000+1ドリンク(要学生証)
 お問い合わせは月光の会まで info@gekkonokai.net

| - | - | - | posted by gekkonokai - -
小河内仁美朗読会 vol.8
小河内仁美朗読会 vol.8

 泉鏡花「高野聖」
 
 尾崎紅葉の小説に出会った泉鏡花は自身も小説家になろうと、明治23年11月故郷金沢を発って上京します。敦賀からは汽車がありましたが、敦賀まで徒歩か人力車で行かなくてはなりません。道中には谷や峠、石川福井の国境、然り難所もあったのです。「高野聖」の旅僧の語りは、そうした鏡花の脚が辿った道々の物語でもありました。
浅草に一世紀半建ちつづける蔵の闇中、かつてこの国の風土に密やかにかしかに息づいていたものたちの声をお聴きください。        
小河内仁美

 NHKカルチャー青山教室での福島泰樹朗読講座から生まれた朗読者、小河内仁美の朗読会も回を重ね第六回を迎えました。
 会場のロケーションと併せて、近代文学の世界に浸るひと時をお過ごしください。
 御来場をお待ち申し上げます。

 日時 2019年4月14日(日)
 開演 ●15:00  
●18:00 
各回とも30分前より開場します。
 会場 ギャラリー・エフ 蔵
     台東区雷門2-19-18
     03-3841-0442
     http://www.gallery-ef.com/
      浅草駅
       都営浅草線A5出口から右2軒
       東京メトロ銀座線2番出口より徒歩1分
       東武線出口より徒歩2分
      江戸通り沿い・雷門郵便局斜め前
 料金 1.500円(併設カフェでは別料金にてドリンクをご利用いただけます)

| - | - | - | posted by gekkonokai - -
月例短歌絶叫コンサート「sekisyoku」3月10日(日)
月例短歌絶叫コンサート
2019年3月10日(日)
「sekisyoku」

 喘ぐように蕩けるように過ぎてゆく影あり今日は泣いていようよ

 陽春の候、御元気で御活躍のことと存じます。さて、このたび渡邊浩史が、歌集「赤色」(月光書林)を刊行。福島泰樹短歌絶叫コンサート「sekisyoku」にゲスト出演、引き続き、出版記念会を開催いたします。
 お誘いあわせの上、御来場下さい。
                             発起人 加藤英彦
 

出演
 福島泰樹(短歌絶叫)
 永畑雅人(ピアノ)
 渡邊浩史(ゲスト)

吉祥寺 曼荼羅
〒180-0003 武蔵野市吉祥寺南町1-5-2
 ☎0422-47-6782 
 開場 19時 
 開演 19時30分
 ¥3000+1ドリンク 学生 ¥2000+1ドリンク(要学生証)

 お問い合わせは月光の会info@gekkonokai.netまで。
| - | - | - | posted by gekkonokai - -
山崎春美個展 蜜か唾
会員の山崎春美の個展を御案内申し上げます。

本人在廊時間などは山崎春美Twitter @GASENETACOで御案内致します。

お気軽にお問い合わせください。



Gallery Zaroff企画

山崎春美個展 蜜か唾

2019年2月28日(木)〜3月5日(火)



関連イベント

3月2日(土)開場17:30 開演18:00

即興演劇 ※即興ゆえタイトルは当日決定

出演:アルチュール佐藤(俳優)、山崎春美

料金:2000円(ドリンク込み)



3月3日(日・桃の節句)開場17:30 開演18:00

トーク「罪と罰―現代に起きる全ての問題はパレスチナ問題なのだ!」

出演:足立正生(革命家・映画監督)、山崎春美

料金:2000円(ドリンク込み)

イベントの定員は15名程度

予約御希望の方は、gasenetaco@gmail.comまでお知らせください。




画廊 珈琲 Zaroff(ザロフ)
http://www.house-of-zaroff.com/ja/contact.html
〒151-0061 東京都渋谷区初台1-11-9 五差路
電話: 03-6322-9032
最寄り駅:京王新線・初台駅 → 中央口改札を出る → (甲州街道)南口の階段を登り右へ → 商店街を進みセブンイレブン角を右折し徒歩1分

| - | - | - | posted by gekkonokai - -
高坂明良(葛原りょう)ライヴ 2018年12月27日
センチメンタル岡田&クズハラリョウPresents!!
朗読とピアノ弾き語りライヴ Vol.4

 盧簗昔匹海罰觚兇蠅腓Δ即興を中心としたライブを、故郷三鷹の地で行います。
 歳晩の一夜、お忙しいこととは存じますが、御声援くださいますようお願い申し上げます。

 【出演】
  葛原りょう(盧簗昔鼻
  センチメンタル岡田
 【飛び入り参加決定】
  ちぎり絵作家江中裕子のパフォーマンス
  カンダタのたいへんシュールな紙芝居劇
  女流歌人林郷子のオールジャンルの朗読
  川柳作家久留素子の迫真の川柳仕込みの物語
 【日時】
  2018年12月27日(木)
  開場 19:30
  開演 20:00(終演予定 22:00)
 【会場】
  ライヴハウス おんがくのじかん
   東京都三鷹市下連雀3-32-4 グリーンパルコB1
    JR三鷹駅南口徒歩5分(改札出て右折、屋外エスカレーター降りて直進)
   Tel 0422-43-5172
   https://ongakunojikan.com/
 【料金】
  2000円+1drink
   終演後、同会場にて忘年会を予定しています。ドリンクのみ追加注文をお願いします。

| - | - | - | posted by gekkonokai - -
福島泰樹第31歌集「大正行進曲」出版記念短歌絶叫コンサート
おのがじし狂い酔いつつ雪に舞う大正元年暮の二十九

「現代短歌」誌上に2年半に亘って毎号30首を書き継いできた連作を再構成した第31歌集が、刊行されました。
 大正の光と闇を跋渉する男たち女たちが、大逆事件発生から108年を経た現在を逆照射する「うたで描くエポック 大正行進曲」。
 本年納めのコンサートは、この刊行を記念しての開催です。
 更なる飛躍に向けて、皆さんと共に大いに盛り上がり、新しい歳への力としたいと思います。
 どうぞ御参集くださいますようお願い申し上げます。
 
出演
 福島泰樹(短歌絶叫)
 永畑雅人(ピアノ)
   

吉祥寺 曼荼羅
〒180-0003 武蔵野市吉祥寺南町1-5-2
 ☎0422-47-6782 
 開場 19時 
 開演 19時30分
 ¥3000+1ドリンク 学生 ¥2000+1ドリンク(要学生証)

 お問い合わせは月光の会info@gekkonokai.netまで。

| - | - | - | posted by gekkonokai - -
間村俊一装幀展 「ボヴァリー夫人の庭」 Le jardin de Madame Bovary
間村俊一装幀展
「ボヴァリー夫人の庭」 Le jardin de Madame Bovary
 『彼方の本 間村俊一の仕事』(筑摩書房)刊行記念

 福島泰樹の著作の装幀を始め、「季刊月光」のブックデザインなど、月光の会とは御縁の深い間村俊一氏が「彼方の本 間村俊一の仕事」を上梓されました。
30年間に手掛けた装幀の中から厳選した約300点の書影をカラー写真で収録し、ほかに創作論、間奏句集「ボヴァリー夫人の庭」55句を収録した豪華版です。
 刊行を記念して開催される装幀展を御案内致します。
期間中開催されるトークイヴェントには、福島泰樹も出演致します。

2018年11月2日(金)〜11日(日)
 午後2:00〜8:00
於・そら塾
 東京都台東区根岸3-13-25
 Tel 090-5525-4428 お問い合わせ noirmam@sepia.ocn.ne.jp
 JR山手線鶯谷駅南口より徒歩5分
 東京メトロ日比谷線入谷駅より徒歩5分
 都バス上26系統(上野公園〜亀戸駅前)下谷2丁目バス停より徒歩3分
 台東区循環バス北めぐりん根岸3丁目バス停より徒歩1分
   ※そら塾は築百年ほどの古い長屋の一角で手を加えていない、画廊とは違った空間です。驚くほど下町が残っている只中にあります。
 
【記念イヴェント】(各会+間村俊一 三つ巴バトルトーク)
「あゝ浅草、あゝ浪曲、あゝ装幀」
 福島泰樹(歌人)×玉川奈々福(浪曲師)
 11月5日(月)午後7:00より 2000円(ワンドリンク付)
「ポテトサラダとカツサンド」
平松洋子(エッセイスト)×堀江敏幸(小説家)
11月6日(火)午後7:00より 2000円(ワンドリンク付)
「俳句と装幀の狭間で」
 高橋睦郎(詩人)×小澤實(俳人)
 11月7日(水)午後5:00より 2000円(ワンドリンク付)
「蝶類図鑑あるいは5番電車に飛び乗って」
 佐々木幹郎(詩人)×平田俊子(詩人)
 11月9日(金)午後7:00より 2000円(ワンドリンク付)

 
   筑摩書房刊 定価4700円+税 
 


| - | - | - | posted by gekkonokai - -
| 1/28 | >>