月光ニュース

福島泰樹新講座「寺山修司―啄木を追った男」
 故郷渋民村を追われ、極貧のうちに若い命を散らした悲運の天才児・啄木にとって、短歌は所詮「悲しき玩具」に過ぎなかった。その天才児に憧れ「啄木になりたかった」少年・寺山修司は、短歌をもって輝かしいデビューを果たし、その一人称詩形短歌で得た方法(「私
性の拡散と回収)をもって、俳句、短歌、詩、小説、放送、演劇、映画とあらゆるジャンルを席捲した。
 ともに東北出身の歌人として知られる石川啄木と寺山修司。こころの原郷である東北を軸に、寺山と交流のあった歌人福島泰樹がその詩魂を読み解きます。

会場 NHK文化センター 横浜ランドマーク教室
5月11日(金)開講(9月まで)
 毎月1回金曜日・全5回 15:30〜17:00 
受講料 
15,768円(NHKカルチャー会員)
19,116円(一般・入会不要)
講義予定
〇山修司と石川啄木
    異境・東京 その生涯と夢
異境としての東北
   寺山修司歌集「空には本」と石川啄木詩集「あこがれ」
A悪と望景としての東北
    寺山修司歌集「田園に死す」と石川啄木歌集「一握の砂」
と鷓澆硫搬蛾、瀕死の家族譚
    寺山修司未刊歌集「月蝕書簡」と石川啄木歌集「悲しき玩具」
タ誉減埜紊了
   寺山修司「懐かしのわが家」と石川啄木「飛行機」

 お問い合わせ、お申込みはNHKカルチャー横浜ランドマーク教室まで。
 ☎ 045-224-1110



続きを読む >>
| - | - | - | posted by gekkonokai - -
福島泰樹朗読講座「福島泰樹の朗読世界―宮沢賢治」
 宮沢賢治没後八十五年を迎える本年、肉声の回復を求めて短歌絶叫コンサートという新たなジャンルを創設、数々の賢治作品をステージで披露してきた福島泰樹が、賢治文学の精髄とも言える童話を中心に朗読を指導します。
 声に出してみることで初めて気づき、理解できる世界があることを、体験してみてはいかがでしょうか。

 会場 NHK文化センター青山教室
4月13日開講(9月まで)
 原則として第2・4金曜日 19:00〜21:00
 受講料 40,435円(6ヶ月・12回分)
ちくま文庫版「宮沢賢治全集・五」をテキストとしてご用意ください。
 途中からの受講、見学や体験受講も可能です。
お問い合わせ、お申込みはNHK文化センター青山教室まで。
  ☎ 03-3475-1151
  

御不明な点等御座いましたら、月光の会info@gekkonokai.netまでお問い合わせください。

| - | - | - | posted by gekkonokai - -
歌誌月光リニューアル
 歌誌月光は53号から晧星社が発売元となり、誌面を全面刷新致しました。
53号以降は全国書店にてお求め戴けます。
店頭にない場合は御注文戴くか、事務局までお申しつけください。
 
●歌誌月光 54号
特集:追悼 松平修文
 
  第五歌集「トゥオネラ」出版記念会を目前に控えた2017年11月23日、帰らぬ人となってしまった松平修文氏の追悼特集号です。
 【特集】
  松平修文「よいちにちを」30首(遺稿)
  遺文 王紅花
  泥の林檎のゆくえ 加藤英彦
  かへせ かへせ 修文さんをかへせ 黒岩康
  この不思議な既視感に満ちた世界―歌集「トゥオネラ」を読む― 岡部隆志
  トゥオネラ・彼岸の湖沼の歌 盧簗昔
  「トゥオネラ」を読む―眠りの岸辺に佇って 大和志保
  真夜中になりをり 追悼 松平修文 竹下洋一
  弔辞 月本寿彦
  弔辞 福島泰樹

  第五回黒田和美賞発表

 【新連載評論】狼たちへの挽歌 福島泰樹
 【新連載短歌連作】月光残夢録 福島泰樹

 
 ●歌誌月光 53号
  特集:窪田政男歌集『汀の時』

 第三回黒田和美賞受賞を契機に纏められた、窪田政男の第一歌集『汀の時』(月光文庫検砲瞭箪犬任后
 【特集】
  窪田政男「リフレインする夏」(新作14首)
  「汀の時」作者への質問と回答 岡部隆志
  「汀の時」書評 山田航
  漣のようなパロール―窪田政男「汀の時」に寄せて 井上法子
  たそがれは逢魔の時間、あるいは―「汀の時」を読む 大和志保
  やわらかな雨のものがたり 佐久間章孔
  窪田さんのこと 池上規公子
  「汀の時」一首鑑賞

 【短歌連作】下谷風煙録 十九 福島泰樹(最終回/同名歌集未収録)


  各号とも充実の特集に加え、竹下洋一、佐久間章孔、高橋凛凛子、大和志保、冨尾捷二、盧簗昔鼻∋該蟒嬌、桑名正和、矢沢重徳、二三川練、颯木あやこ、晴山晴菜等、短歌作品、コラムも益々の拡充を図ります。
  福島泰樹第三十歌集「下谷風煙録」特集の55号は、近日刊行予定です。
  
  お問い合わせは月光の会info@gekkonokai.netまで。


   発行:月光の会
   発売:晧星社
   ISBN:978-4-7744-0647-3(53号)
   ISBN:978-4-7744-0653-4(54号)
   頒価:1000円
| - | - | - | posted by gekkonokai - -
月例短歌絶叫コンサート 東北大震災7年、東京大空襲73年追悼
2018年3月10日(土)  
東北大震災7年、東京大空襲73年、追悼短歌絶叫コンサート

 昭和20年3月9日から10日にかけて、アメリカ軍ボーイングB29の334機にもおよぶ大編隊が帝都の空を覆い尽くし、日本橋、本所、深川、浅草などの下町地区を焼き尽くした東京大空襲。
 東北の太平洋岸を襲った大海嘯の爪痕が、火焔のなかを祖母に背負われ逃げ惑った2歳の福島泰樹の双眸に焼き付けられた記憶を呼び覚まし、戦後という罅割れた焼窯のなかから、現在形で立ち上がります。
 中央集権国家成立以来の欺瞞に翻弄され続けた人々の口惜しみ悲しみを、渾身の絶叫が撃つ!
2月25日、信濃デッサン館での槐多忌で初演された新曲も披露いたします。
是非ともお立合いくださいますよう、お願い申し上げます。
 
出演
 福島泰樹(短歌絶叫)
 永畑雅人(ピアノ)

吉祥寺 曼荼羅
〒180-0003 武蔵野市吉祥寺南町1-5-2
 ☎0422-47-6782 
 開場 19時 
 開演 19時30分
 ¥3000+1ドリンク 学生 ¥2000+1ドリンク(要学生証)

 お問い合わせは月光の会info@gekkonokai.netまで。
| - | - | - | posted by gekkonokai - -
福島泰樹第30歌集「下谷風煙録」出版記念短歌絶叫コンサート
月例短歌絶叫コンサート
2017年12月10日(日 )  

福島泰樹第30歌集「下谷風煙録」出版記念短歌絶叫コンサート

この俺の在所を問わば御徒町のガードに点る赤い灯である

明治四十三年生まれの父も、大正六年生まれの母も、大正四年うまれの継母も皆、此処東京下谷で死んでいった。この間、日清戦争、日露戦争、大逆事件、関東大震災、大東亜戦争、東京大空襲と時代の風は吹き荒れ、戦後七十二年の夏は過ぎ去ろうとしている。
  「風煙」とは、自身の亡骸を焼く煙の謂である。 (序文より)

 第1歌集「バリケード・一九六六年二月」から49年、短歌表現の最前線を押し広げて来た福島泰樹の現在形「下谷風煙録」刊行を記念しての短歌絶叫コンサートです。
 本年納めのコンサートとなります。
 更なる飛躍に向けて、皆さんと共に大いに盛り上がり、新しい歳への力としたいと思います。
 どうぞ御参集くださいますようお願い申し上げます。

出演
 福島泰樹(短歌絶叫)
 永畑雅人(ピアノ)
石塚俊明(ドラム・パーカッション)   

吉祥寺 曼荼羅
〒180-0003 武蔵野市吉祥寺南町1-5-2
 ☎0422-47-6782 
 開場 19時 
 開演 19時30分
 ¥3000+1ドリンク 学生 ¥2000+1ドリンク(要学生証)

 お問い合わせは月光の会info@gekkonokai.netまで。

| - | - | - | posted by gekkonokai - -
月例短歌絶叫コンサート 「追悼」第一次羽田闘争50周年記念 山崎博昭に献じる
2017年11月10日(金 )  
「追悼」第一次羽田闘争50周年記念 山崎博昭に献じる

 うらかなし言葉を欲るは霜月の決起を急ぐ兵ありしかば

 第一次羽田闘争で機動隊の警棒の下に散った山崎博昭氏に、福島泰樹が熱く切なく語り掛けます。
 ブルガリアのパルチザン、フリスト・ボテフと宮沢賢治の魂が交感する名曲「戦いのテーマ」を変奏し、時を越えた怒りと悲しみを更に重層化しお送り致します。
 どうぞお見届けください。

出演
 福島泰樹(短歌絶叫)
 永畑雅人(ピアノ)
  
吉祥寺 曼荼羅
〒180-0003 武蔵野市吉祥寺南町1-5-2
 ☎0422-47-6782 
 開場 19時 
 開演 19時30分
 ¥3000+1ドリンク 学生 ¥2000+1ドリンク(要学生証)

 お問い合わせは月光の会info@gekkonokai.netまで。

【特報】
 月例短歌絶叫コンサート
  12月10日(日)
  福島泰樹第30歌集「下谷風煙録」出版記念短歌絶叫コンサート
   出演
    福島泰樹(短歌絶叫)
    永畑雅人(ピアノ) 
    石塚俊明(ドラム・パーカッション)
  詳細は、決定次第お知らせ致します。
  御期待ください。

| - | - | - | posted by gekkonokai - -
中原中也没後80年記念短歌絶叫コンサート「別離」
中原中也没後80年記念短歌絶叫コンサート
「別離」

  歌謡の復権・肉声の回復をスローガンに「短歌絶叫コンサート」という新たなジャンルを創出し、国内外1500もの過激なステージをこなしてきた歌人福島泰樹の魂の根底には、いつも中原中也がいた。失意のうちに激しく生を希求し、世界の無常に言葉(詩)をもって、戦い挑み続けた夭折詩人の姿があった。
  愛する者が死んだ時、人は自殺しなければならないのか!
  この切実の旋律に涙せよ!
                                   福島泰樹

2017年10月9日(月・祝)
 開場13:30 開演14:00
 開場17:30 開演16:00
2017年10月10日(火)
 開場19:00 開演19:30
    
出演
 福島泰樹(短歌絶叫)
 永畑雅人(ピアノ・ピアニカ)
 石塚俊明(ドラム・パーカッション)

料金
  ¥3000+1ドリンク 学生 ¥2000+1ドリンク(要学生証)
 
吉祥寺 曼荼羅
〒180-0003 武蔵野市吉祥寺南町1-5-2
 ☎0422-47-6782 

 お問い合わせ・御予約は月光の会メールアドレスから


| - | - | - | posted by gekkonokai - -
颯木あやこ朗読会
 現代詩の領域で精力的に活動している颯木あやこの朗読会が開催されます。
 自作詩を声に乗せ、音楽とダンスで彩る試み。
 太陽の墓標、組曲『やさしい窓口』Pegasus特別篇、古い地図〈詩のコラージュ〉、雨だれ、贈り物(新作)ほかを御披露致します。
 監修とトークは盧簗昔鼻奮觚兇蠅腓Α砲相勤めます。
 どうぞ、御声援ください。

Pegasus vol.3颯木あやこ朗読会
2017.9.30(土)
15:30オープン
16:00スタート
¥2500+1drink
高円寺Grain
JR高円寺駅北口、中通り商店街、中華料理「成都」2F
〒166-0002東京都杉並区高円寺北3-22-4U.Kビル2F
予約制(Tel/FAX 044-966-3784 ayascha1223@kiu.biglobe.ne.jp(颯木))
 
朗読 颯木あやこ
ピアノ 長谷川健治朗
ギター 丹羽悦子
ダンス 三上その子
 
トーク「颯木あやこのポイエーシス」葛原りょう×颯木あやこ
 
プロデュース:Unit Pegasus
監修:葛原りょう
協賛:思潮社、丘のうえ工房ムジカ
 
| - | - | - | posted by gekkonokai - -
月例短歌絶叫コンサート 「残の月」追悼 大道寺将司
「残の月」追悼 大道寺将司

2017年9月10日(日 )  

 狼や残んの月を駆けゐたり
 竜胆の朝すがりていたるかな
 蝉のこゑ秋津の鬼となれと言ふ

 句集「棺一基」にて第6回日本一行詩大賞を受賞した大道寺将司氏が、5月24日東京拘置所にて多臓器不全のため亡くなりました。
 福島泰樹が、氏の第四句集「残の月」の解説で、風雅を友とする俳人ではなく日本俳句史上唯一人の「俳士」の称号にふさわしいと高らかに宣した、その詩業に挑みます。
 悲しみと憤怒もて時代を撃つ、渾身のワンナイトスタンド!
 どうぞお見届けください。

出演
 福島泰樹(短歌絶叫)
 永畑雅人(ピアノ)
  
吉祥寺 曼荼羅
〒180-0003 武蔵野市吉祥寺南町1-5-2
 ☎0422-47-6782 
 開場 19時 
 開演 19時30分
 ¥3000+1ドリンク 学生 ¥2000+1ドリンク(要学生証)

 お問い合わせは月光の会info@gekkonokai.netまで。

| - | - | - | posted by gekkonokai - -
速報!
中原中也生誕110年・没後80年記念短歌絶叫コンサート  

開催決定!!
2017年6月10日(土)夜
       11日(日)昼・夜

吉祥寺 曼荼羅
 〒180-0003 武蔵野市吉祥寺南町1-5-2
 ☎0422-47-6782 

詳細は決定次第、お報せ致します。
御期待ください。

お問い合わせは月光の会事務局まで

| - | - | - | posted by gekkonokai - -
| 1/27 | >>