月光ニュース

福島泰樹新講座「寺山修司―啄木を追った男」
 故郷渋民村を追われ、極貧のうちに若い命を散らした悲運の天才児・啄木にとって、短歌は所詮「悲しき玩具」に過ぎなかった。その天才児に憧れ「啄木になりたかった」少年・寺山修司は、短歌をもって輝かしいデビューを果たし、その一人称詩形短歌で得た方法(「私
性の拡散と回収)をもって、俳句、短歌、詩、小説、放送、演劇、映画とあらゆるジャンルを席捲した。
 ともに東北出身の歌人として知られる石川啄木と寺山修司。こころの原郷である東北を軸に、寺山と交流のあった歌人福島泰樹がその詩魂を読み解きます。

会場 NHK文化センター 横浜ランドマーク教室
5月11日(金)開講(9月まで)
 毎月1回金曜日・全5回 15:30〜17:00 
受講料 
15,768円(NHKカルチャー会員)
19,116円(一般・入会不要)
講義予定
〇山修司と石川啄木
    異境・東京 その生涯と夢
異境としての東北
   寺山修司歌集「空には本」と石川啄木詩集「あこがれ」
A悪と望景としての東北
    寺山修司歌集「田園に死す」と石川啄木歌集「一握の砂」
と鷓澆硫搬蛾、瀕死の家族譚
    寺山修司未刊歌集「月蝕書簡」と石川啄木歌集「悲しき玩具」
タ誉減埜紊了
   寺山修司「懐かしのわが家」と石川啄木「飛行機」

 お問い合わせ、お申込みはNHKカルチャー横浜ランドマーク教室まで。
 ☎ 045-224-1110



【速報】 開催決定!
  福島泰樹短歌絶叫コンサート「望郷」
   2018年6月10日(日)
   東京・吉祥寺 曼荼羅
   昼・夜2回公演
   詳細は決定次第お知らせ致します。
   御期待ください。

| - | - | - | posted by gekkonokai - -
<< NEW | TOP | OLD>>