月光ニュース

月例短歌絶叫コンサート/2018年9月10日(月)
 何となく顔がさもしき邦人の首府の大空を秋の風吹く
 つね日頃好みて言ひし革命の語をつゝしみて秋に入れりけり
 今思へばげに彼もまた秋水の一味なりしと知るふしもあり
 秋の風我等明治の青ねんの危機をかなしむ顔撫でゝ吹く
 時代閉塞の現状を奈何にせむ秋に入りてことに斯く思ふなか
 地図の上朝鮮国にくろぐろと墨をぬりつゝ秋風を聴く
 明治四十三年の秋わが心ことに真面目になりて悲しも
  石川啄木「九月の夜の不平」抄(「創作」明治四十三年十月短歌号所収)

 明治43年という危機へと雪崩れてゆく時代に、石川啄木は死病に蝕まれながら異議を表明しました。
 敗戦後73回目の秋、幸徳秋水、菅野すが子、大石誠之助、内山愚童ら12人が首を縊られた大逆事件発生以後108年の秋、時代の颶風が大きな螺旋を描いて吹き荒れる秋。
 時空を跋渉し、歴史の暗部に肉迫する「短歌絶叫コンサート」に御参集ください。
 御来場をお待ち申し上げます。

出演
 福島泰樹(短歌絶叫)
 永畑雅人(ピアノ)

吉祥寺 曼荼羅
〒180-0003 武蔵野市吉祥寺南町1-5-2
 ☎0422-47-6782 
 開場 19時 
 開演 19時30分
 ¥3000+1ドリンク 学生 ¥2000+1ドリンク(要学生証)

 お問い合わせは月光の会info@gekkonokai.netまで。

| - | - | - | posted by gekkonokai - -
<< NEW | TOP | OLD>>