月光ニュース

月例短歌絶叫コンサート
寺山修司追悼短歌絶叫コンサート「望郷」
2016年5月10日(火)
  

昭和十年十二月十日に
ぼくは不完全な死体として生まれ
何十年かかゝって
完全な死体となるのである
そのときが来たら
ぼくは思いあたるだろう
青森市浦町字橋本の
小さな陽あたりのいゝ家の庭で
外に向って育ちすぎた桜の木が
内部から成長をはじめるときが来たことを (寺山修司「懐かしのわが家」より)


 今年もまた、悲しみの五月。
 皆様の御来場をお待ち申し上げます。
 
出演
 福島泰樹(短歌絶叫)
 永畑雅人(ピアノ)
 
吉祥寺 曼荼羅
 〒180-0003 武蔵野市吉祥寺南町1-5-2
 ☎0422-47-6782 
 開場 19時 
 開演 19時30分
 ¥3000+1ドリンク 学生 ¥2000+1ドリンク(要学生証)

お問い合わせは月光の会事務局まで
 


         「歌人の死」福島泰樹 著 東洋出版 刊


         「詩人の死」正津勉 著 東洋出版 刊
| - | - | - | posted by gekkonokai - -
月例短歌絶叫コンサート
「空襲ノ歌」
2016年3月10日(木)
  

 71年前の3月9日から10日にかけて、アメリカ軍ボーイングB29の334機にもおよぶ大編隊が帝都の空を覆い尽くし、日本橋、本所、深川、浅草などの下町地区を焼き尽くした東京大空襲。
 火焔のなかを祖母に背負われ逃げ惑った2歳の福島泰樹の身体に焼き付けられた記憶が、戦後という罅割れた焼窯のなかから、現在形で立ち上がります。
 皆様の御来場をお待ち申し上げます。
 
出演
 福島泰樹(短歌絶叫)
 永畑雅人(ピアノ)
 
吉祥寺 曼荼羅
 〒180-0003 武蔵野市吉祥寺南町1-5-2
 ☎0422-47-6782 
 開場 19時 
 開演 19時30分
 ¥3000+1ドリンク 学生 ¥2000+1ドリンク(要学生証)

お問い合わせは月光の会事務局まで
 



【速報】
 福島泰樹がナレーションを務める番組が放送されます。
 どうぞお愉しみください。
  特別番組【禁止の真相 〜何でダメか? 探ってみた〜】  
  テレビ朝日(関東ローカル)
  3月19日(土)16:00〜17:25 予定


 「天ぷらと西瓜、鰻と梅干の食べ合わせは良くない」「裁判所の撮影は何故禁じられているのか」など4本の興味深い「何故」を探ります。
 御期待ください。
| - | - | - | posted by gekkonokai - -
月例短歌絶叫コンサート
早大学費学館闘争五〇周年記念コンサート
「バリケード・一九六六年二月」
2016年2月10日(水)11日(木・祝)12日(金)


 一九六九年刊行の第一歌集「バリケード・一九六六年二月」を生んだ早大闘争から50年。
 遙かなる朋へ呼び掛ける、福島泰樹の存在証明!
 御来場をお待ち申し上げます。

 「明日の理工学部のスト突入を最後として、本日この圧倒的な力を結集して、学園の全学部がストライキに突入するという事を確認したいと思います。僕達は学費の大幅値上げ粉砕、学生会館の管理運営権の獲得をまさに我々の力を結集して勝ち取っていきたいと思います。」(一月二十日)
 早大本部前に結集した学生を前に、「闘争宣言」が読み上げられ、全学はバリケード・ストライキに突入。シベリア寒波の風吹きすさぶキャンパス、戦いは日々先鋭化していった。
  もはやクラスを恃まぬゆえのわが無援 笛噛むくちのやけに清しき
 早大闘争は全共闘運動の先駆けとして全国に波及、六〇年代後半を激しくさせていった。反安保決戦の危機感漂う六九年十月、私は第一歌集『バリケード・一九六六年二月』を刊行。翌年三月、出版記念会の席上で朗読を試みる。言葉は私たちが拠って立つ最後の砦、言葉だけでも敗れてはならない。以後、肉声の回復・歌謡の復権を求めて「短歌絶叫コンサート」を創出するにいたる。
 五十年という感慨は深く、この間戦い死んでいった藤原隆義、西井一夫、バトルホーク風間、立松和平ら大勢の友人知己に哀悼のまこと(言葉)を力一杯絶叫します。 合掌
     福島泰樹
 
2月10日(水)
開場 19時  開演 19時30分
出演 福島泰樹(短歌絶叫)
   永畑雅人(ピアノ)
   石塚俊明(ドラム・パーカッョン)

2月11日(木)
昼の部 開場 13時30分 開演 14時
夜の部 開場 19時 開演 19時30分
出演 福島泰樹(短歌絶叫)
   永畑雅人(ピアノ・アコーディオン)
   龍   (ギター・ボーカル)

2月12日(金)
開場 19時  開演 19時30分 
出演 福島泰樹(短歌絶叫)
   永畑雅人(ピアノ・アコーディオン)
   龍   (ギター・ボーカル)

吉祥寺 曼荼羅
〒180-0003 武蔵野市吉祥寺南町1-5-2
 0422-47-6782 
 ¥3000+1ドリンク 学生 ¥2000+1ドリンク(要学生証)
 
お問い合わせは月光の会事務局まで




【福島泰樹最新刊】
 東京中日新聞紙上に2012年1月7日から2年間、毎週土曜日朝刊に連載された「追憶の風景」が1月16日に晶文社より刊行されました。
 これまでに出会い、別れて来た多くの友や先達たち。彼ら、彼女らとの思い出と、共に生きた時代への挽歌。
連載分に新たな書下ろしを加え、108人を収録。
死者たちへ捧げた絶叫版列伝。
 初出時誌面を飾った佐中由紀枝氏による画も完全収録です。
| - | - | - | posted by gekkonokai - -
御来場御礼 2016/01/10
月例短歌絶叫コンサート
早大学費学館闘争50周年記念コンサート第1弾! 
2016年1月10日(日)
吉祥寺 曼荼羅


 御来場戴きました皆さんにお礼申し上げます。
 曼荼羅での月例短歌絶叫コンサート31年目は、第一歌集「バリケード・一九六六年二月」に歌われた早大学費学館闘争50年目の叫びで幕を開けました。
 本年も、変わらぬ御声援をお願い申し上げます。 
 

 バリケード・一九六六年二月
 血と雨の歌
 蒼ざめた馬に乗って
 空襲ノ歌
 墓場まで何マイル
 ロマンと志―永畑道子へ
 雨に咲く花
   

 西井一夫へ
 杉並
 走れ小僧
 ダンス
 
【アンコール】
 別離
        
出演
 福島泰樹(短歌絶叫)
 永畑雅人(ピアノ)
| - | - | - | posted by gekkonokai - -
月例短歌絶叫コンサート
早大学費学館闘争50周年記念コンサート第1弾! 
2016年1月10日(日)
  

 第一歌集「バリケード・一九六六年二月」に歌われた早大学費学館闘争から50年。
 福島泰樹の胸に去来する思いに、耳を傾けよ。
 皆様の御来場をお待ち申し上げます。
 
出演
 福島泰樹(短歌絶叫)
 永畑雅人(ピアノ)
 
吉祥寺 曼荼羅
 〒180-0003 武蔵野市吉祥寺南町1-5-2
 ☎0422-47-6782 
 開場 19時 
 開演 19時30分
 ¥3000+1ドリンク 学生 ¥2000+1ドリンク(要学生証)

お問い合わせは月光の会事務局まで
 


【速報】
 東京中日新聞紙上に2012年1月7日から2年間、毎週土曜日朝刊に連載された「追憶の風景」が1月16日に晶文社より刊行されます。
 これまでに出会い、別れて来た多くの友や先達たち。彼ら、彼女らとの思い出と、共に生きた時代への挽歌。
 連載分に新たな書下ろしを加え、108人を収録。
 死者たちへ捧げた絶叫版列伝。
 初出時誌面を飾った佐中由紀枝氏による画も完全収録です。
| - | - | - | posted by gekkonokai - -
御来場御礼 2015/12/10
月例短歌絶叫コンサート
「望郷」
2015年12月10日(木)
吉祥寺 曼荼羅


 御来場戴きました皆さんにお礼申し上げます。
 本年納めの短歌絶叫コンサートは、今年33回忌を迎えた寺山修司を追悼致しました。
 曼荼羅31年目も、変わらぬ御声援をお願い申し上げます。
 

 李庚順
 血と雨の歌
 特攻隊員の手記より
 杉並
 墓場まで何マイル
 空襲
 別離
   

 望郷
  戦士の休息
  懐かしのわが家
 のちのおもひに
 走れ小僧
 ダンス
        
出演
 福島泰樹(短歌絶叫)
 永畑雅人(ピアノ)
| - | - | - | posted by gekkonokai - -
月例短歌絶叫コンサート
寺山修司三十三回忌追悼「望郷」
2015年12月10日(木)
  

  昭和十年十二月十日に
  ぼくは不完全な死体として生まれ
  何十年かかゝって
  完全な死体となるのである
  そのときが来たら
  ぼくは思いあたるだろう
  青森市浦町字橋本の
  小さな陽あたりのいゝ家の庭で
  外に向って育ちすぎた桜の木が
  内部から成長するときが来たことを 
         寺山修司「懐かしのわが家」より


 寺山修司は1983年5月4日、東京・阿佐ヶ谷の河北病院で亡くなりました。
 三十三回忌を悼む、本年納めの短歌絶叫コンサートです。
 皆様の御来場をお待ち申し上げます。
 
出演
 福島泰樹(短歌絶叫)
 永畑雅人(ピアノ)
 
吉祥寺 曼荼羅
 〒180-0003 武蔵野市吉祥寺南町1-5-2
 ☎0422-47-6782 
 開場 19時 
 開演 19時30分
 ¥3000+1ドリンク 学生 ¥2000+1ドリンク(要学生証)

お問い合わせは月光の会事務局まで
 
| - | - | - | posted by gekkonokai - -
御来場御礼 2015/11/10
月例短歌絶叫コンサート
2015年11月10日(火)
吉祥寺 曼荼羅


 御来場戴きました皆さんにお礼申し上げます。
 写真という記憶装置を以って20世紀を総括した偉業「20世紀の記憶」全20巻を成し遂げ逝った盟友、元毎日新聞社出版局クロニクル編集長西井一夫氏に捧げた新曲、如何でしたでしょうか。
 短歌もまた、記憶を再生する韻律。
 次回は今年33回忌を迎えた寺山修司を追悼します。
 

 ダンス
 バリケード・一九六六年二月〜西井一夫へ 【新曲】
 杉並
 墓場まで何マイル
 朔太郎、感傷
 別離
   

 ランルの旗
 雨に咲く花
 空に真っ赤な
        
出演
 福島泰樹(短歌絶叫)
 永畑雅人(ピアノ)
| - | - | - | posted by gekkonokai - -
御来場御礼 2015/10/10
月例短歌絶叫コンサート
「中原中也」
2015年10月10日(土)
吉祥寺 曼荼羅


 御来場戴きました皆さんにお礼申し上げます。
 昭和12年10月22日、中原中也は鎌倉でその短い生涯を閉じました。
 その年の7月には盧溝橋事件が勃発し、日本は戦争への道を突き進み始めます。
 前々年、関種子が唄った「雨に咲く花」を、中也も聴いていたのでしょうか。
 

 杉並
 六月の雨
 夏
 妹よ
 子等の丘
 逆風〜戦士の休息
 墓場まで何マイル
 アラビアを行く
   

 冬の長門峡
 雨に咲く花
 夏は青い空に
 走れ小僧
 別離
        
出演
 福島泰樹(短歌絶叫)
 永畑雅人(ピアノ)

          「中原中也の鎌倉」冬花社 刊  1,944円(税込)
                    重版出来!
| - | - | - | posted by gekkonokai - -
御来場御礼 2015/09/10
月例短歌絶叫コンサート
2015年9月10日(木)
吉祥寺 曼荼羅


 御来場戴きました皆さんにお礼申し上げます。
 大きな歴史の転換点を目前にして福島泰樹が放つ怒りの言葉、お聞き届け戴けましたでしょうか。
 次回も熱く叫び、切なく語りかけます。
 御参集ください。
 

 転調哀傷歌
 血と雨の歌
 柘榴盃の歌
 杉並
 子等の丘
   

 雨に咲く花
 サーカス
 朝日のあたる家―美空ひばりよ
 ダンス

【アンコール】
 別離
        
出演
 福島泰樹(短歌絶叫)
 永畑雅人(ピアノ)
| - | - | - | posted by gekkonokai - -
<< | 4/27 | >>